30代以降から増えてくる毛穴のトラブル

みずみずしく、ハリのある素肌でいられたら…と多くの方はお考えではないでしょうか。だからこそスキンケアを念入りに行い、紫外線対策も行って、肌のダメージや衰えを防いでいます。しかし、30代以降から毛穴のトラブルは増えていきますから、30代に入る前から予防を兼ねた毛穴ケアをすべきです。

 

30代以降の毛穴問題は肌の衰えのはじまり

はっきり言ってしまいますと、現在の医学をもってしても、老化をストップさせることは不可能です。できることは「老化のスピードを緩やかにさせること」だとお考えになるほうが、現時点では賢明といえます。肌ももちろん刻々と衰えていきます。

 

しかしお手入れが的確であれば、肌の老化のスピードを緩やかにさせることが可能です。肌に不足しやすい要素を補うことが、お手入れを的確に行うことになります。特に肌の老化を実感しやすい30代以降は、それを痛感するでしょう。徐々に肌にあったはずのものが減っていく時期に差し掛かるからです。

 

水分だけではなく、肌のとどまる水分を守る皮脂も減っていき、乾燥しやすくなったと感じ始めることが多くなるのも30代以降。また肌が乾燥でしぼんでいけば、若い頃は目立っていなかった毛穴も気になり始めます。水分が減るだけではなく、肌の弾力性を支えてくれていたコラーゲン組織も30代以降は、かなりダメージを受けていて、ハリが損なわれるからです。

 

肌のしぼみは毛穴目立ちの原因になります。30代以降の毛穴トラブルは、基本的に乾燥でハリを失ったことが原因です。

 

肌のハリをキープさせることが課題になる

皮脂が多く出やすい方も、30代以降の毛穴対策として、基本は保湿です。皮脂の量で感じなくても、肌の水分量は減っています。肌にうるおいが不足していけば、どんどんハリは失われていくのです。

 

理想を言えば、肌の衰えのサインである毛穴が目立ってくる前から、肌はしっかり保湿。かといって、すでに毛穴が目立つようになった肌が、ハリを回復させられないわけではありません。人体には元通りになる働きが備わっていますからね。

 

肌のハリもうるおいを与えて守るお手入れで、かなり回復できます。30代以降の肌も例外ではありません。「もう手遅れ」だとあきらめることなく、毎日のスキンケアで保湿を続けてあげましょう。保湿で肌はまだ頑張れます。

 

毎日のお手入れで、毛穴が目立たないハリのある肌に導くことは不可能ではないのです。適切なスキンケアは肌の老化も遅らせます。年齢サインとなっている目立ちはじめた毛穴も、ハリが出てくれば、次第に目立たなくできるのです。保湿も重要な毛穴ケアなのですから。