毛穴の紫外線対策

シミやくすみの原因。
そんなイメージが強い紫外線は、実は顔や頬の毛穴の開きにも大きく関係しています。
肌にダメージを与える紫外線は2種類。
肌の表面にサンバーンを引き起こす波長の短いB波と、
真皮層にまで到達する波長の長いA波です。

 

波長の長いA波を浴びてしまうと

真皮層で肌のハリや弾力を保つために働いているコラーゲン線維やエラスチンが、
ダイレクトにダメージを受けて、線維が断ち切られてしまったり、劣化してしまいます。

 

コラーゲンはネットのように張り巡らさられています。
エラスチンがネットの継ぎ目部分をしっかりと繋ぎ、表皮を内側から支えています。
ですので、コラーゲンやエラスチンがダメージによって劣化してしまうと、
表皮を支えることができません。
結果的に肌のハリが失われてしまうのです。

 

また、紫外線を浴びると、体内では活性酸素が発生します。
活性酸素が大量に生成されると、正常な細胞まで傷つけてしまう性質があり、
コラーゲンを作る線維芽細胞が破壊されてしまうのです。
このように紫外線は肌のハリや弾力を失わせる原因。
たるみが引き起こされてしまうのですね。

 

日焼け止め

そんな紫外線をカットするには、やっぱり日焼け止めをつけるのが一番効果的です。
最近は、紫外線をSPFや+が多い高機能な日焼け止めがあります。
それらを使うことで、強力な紫外線もしっかりカットできます。

 

ここで大事なのは、強い効果を持った日焼け止めを使うことより、こまめに塗ること。
顔は汗をかきやすいです。
日焼け止めを塗っていても流れてしまっては効果が見込めません。
こまめに塗り直すことが、もっとも効果的な紫外線対策になります。

 

  • 2015/06/18 08:34:18