毛穴の紫外線対策

シミやくすみの原因。そんなイメージが強い紫外線は、実は顔や頬の毛穴の開きにも大きく関係しています。

 

肌にダメージを与える紫外線は2種類。肌の表面にサンバーンを引き起こす波長の短いB波と、真皮層にまで到達する波長の長いA波です。

 

波長の長いA波を浴びてしまうと、真皮層で肌のハリや弾力を保つために働いているコラーゲン線維やエラスチンが、ダイレクトにダメージを受けて、線維が断ち切られてしまったり、劣化してしまいます。

 

コラーゲンはネットのように張り巡らされ、エラスチンがネットの継ぎ目部分をしっかりと繋ぎ、表皮を内側から支えていますので、コラーゲンやエラスチンがダメージによって劣化してしまうと、表皮を支えることができません。結果的に肌のハリが失われてしまうのです。

 

また、紫外線を浴びると、体内では活性酸素が発生します。活性酸素が大量に生成されると、正常な細胞まで傷つけてしまう性質があり、コラーゲンを作る線維芽細胞が破壊されてしまうのです。

 

このように紫外線は肌のハリや弾力を失わせる原因で、たるみが引き起こされてしまうのですね。

 

日焼け止め

そんな紫外線をカットするには、やっぱり日焼け止めをつけるのが一番効果的です。最近は、紫外線をSPFや+が多い高機能な日焼け止めがあります。それらを使うことで、強力な紫外線もしっかりカットできます。

 

ここで大事なのは、強い効果を持った日焼け止めを使うことより、こまめに塗ること。顔は汗をかきやすいです。日焼け止めを塗っていても流れてしまっては効果が見込めません。こまめに塗り直すことが、もっとも効果的な紫外線対策になります。

 

紫外線対策のコツ

美白のために1年を通して、紫外線対策を行う方が増えています。紫外線対策を行っておけば、肌の老化のスピードも緩めることが可能です。

 

実は毛穴ケアのためにも、紫外線対策の手抜きはできません。紫外線から肌を守ることは、毛穴の悩みを解消していく方法にもなるのです。それでは紫外線対策のコツもご紹介しましょう。

 

 

少しずつ肌へのダメージを蓄積させる紫外線

太陽の光から受ける恩恵は数知れませんが、その中に含まれている紫外線は、肌にはありがたくない結果を生み出すもの。紫外線を浴びて起こる日焼けは過度になれば、ヤケドと同じ状態。肌のダメージは甚大です。

 

日焼けが落ち着いてからでも、シミの原因になってしまいます。慢性的に日焼けをしていると、それだけ皮膚がんのリスクも高くなるという問題も深刻です。肌内部に紫外線が入り込んでしまうと、ハリを支えているコラーゲン組織がズタズタになり、ハリを失ってシワを刻んでしまいます。いわゆる光老化も紫外線が起こす肌の問題です。

 

毛穴ケアから紫外線を見ていきますと、「シミ」と「ハリを失う」という2つの問題が直撃。非常に厄介な問題を引き起こします。丁寧に毛穴ケアをしていても、紫外線に無防備なままではトラブルを抱えてしまうのです。

 

毛穴内部に紫外線が入り込んでしまうと、肌のハリが失われてくぼんだように開いてしまいます。シミになってしまえば、毛穴が目立っていくようになるのです。すると毛穴ケアを継続させていても、なかなか結果が出せません。

 

紫外線対策のコツはさほど難しくはない

現在は紫外線から肌を守るUVカット剤の使い心地が良くなりました。塗った仕上がりもかなり自然です。違和感がありません。むしろ素肌のままより、美肌に見えるメリットもあるのです。

 

ファンデーションなどのベースメイクにも、紫外線をカットする機能が加えられています。今は肌の悩みや毛穴目立ちをカバーするだけのものではありません。UVカット剤やファンデーションなどのベースメイクを活用すれば、紫外線から肌を守れるのです。

 

化粧をしない日でもUVカット剤は、使う必要があります。朝のスキンケアの仕上げに塗っておけば、それでOK。とはいえ肌に塗ったものは崩れるので、こまめに塗り直すことが紫外線対策では大切です。

 

紫外線から肌を守ることは、毛穴も守ることになります。複合的な毛穴トラブルを抱えないためにも、紫外線対策は1年を通して行うべきでしょう。化粧することは嫌でも、毛穴レスな美肌を守りたいなら、なおさらです。

 

UVカット剤をこまめに塗り直す習慣は、毛穴ケアの努力を無駄にしないと、考えましょう。