角質のケア方法

肌が白くてシワがなくても、毛穴が目立っていたら美肌とは言えません。そんな顔の毛穴を目立たせる原因には、角質があります。角質は、表皮を構成する肌細胞が変性したタンパク質。古くなるとターンオーバーによって剥がれ落ちていきます。

 

ただし、水分不足やダメージを受けた肌は古い角質がうまく剥がれず残ってしまい、皮脂と混ざり合って毛穴詰まりなどを引き起こします。ですので、毛穴をなくすためには、角質もきちんとケアする必要があるのです。

 

角質はタンパク質でできているため、クレンジングや洗顔料では落とせません。角質を落とすには、ピーリング効果のある成分を使う必要があるので、ピーリング石鹸や酵素石鹸などを使って行います。

 

角質ケアアイテムは、ピーリングジェルや拭き取り化粧水などがありますが、こういった方法は摩擦によって肌に大きなダメージを与えます。ダメージによってシミやシワができたり、逆に毛穴に角質が詰まってしまうことも。なので、石鹸を使いましょう。

 

やり方は簡単です。ピーリング効果がある洗顔料をしっかり泡立てたら、くすみや角質肥厚が起こっている部分を優しく洗います。強くこすったり、長時間洗い続けると肌が傷ついたり角質層の保湿成分が流れ出てしまうので、泡を乗せて軽く洗ったら1分ほどおいて洗い流しましょう。

 

毎日行う必要はありません。肌の状態に応じて週1回から2回ほど行えば十分です。角質ケアをすると毛穴の開きだけではなく、くすみやごわつきも改善できますから、定期的にケアをしましょう。

 

 

  • 2016/09/25 09:37:25