皮脂の影響による毛穴の開きには

皮脂を嫌う方は多くいますよね。でも皮脂がないと肌はうるおいを守り切ることができません。いうなれば天然の保護クリームでもあるのです。でも困らせるものでもあります。皮脂が多すぎれば、毛穴が目立ってしまうからです。上手に皮脂とつきあいながら毛穴ケアを行う必要があります。

 

美肌を守るために皮脂をなくすことはおすすめできないけれど

皮脂が多い肌タイプの方と少ない肌タイプの方では、若々しく見えるという観点では皮脂が多いタイプが強いといえます。皮脂が活発に出る分、つややかさがあり、かさつきが起こらないからです。また皮脂で守られているからこそ、シワになりにくいというメリットもあります。

 

とはいえ皮脂が多い肌タイプの方はメイクが崩れやすい、毛穴が過剰な皮脂で目立つという悩みもありますよね。多く出る分、逆に目立つというデメリットもあるというわけです。
実際に毛穴の悩みが深い方の多くは、この皮脂が多い肌タイプの方なのです。好ましくつややかなのと、皮脂で毛穴が目立つのでは、見え方も違います。

 

もともとの毛穴の大きさや数を変えることはできませんが、皮脂の量を減らすことは可能なのでしょうか。毛穴が目立つ悩みを抱えている皮脂が多い肌タイプの方は気になりますよね。多すぎる皮脂を減らすことは、かなり難しいことです。出過ぎている皮脂を取ることも、あまり効果的だとは言えません。うまく過剰な皮脂とつきあうことも、毛穴対策になります。

 

多すぎる皮脂は水分とバランスを取ってあげる

肌の水分と皮脂のバランスがいいと、かなり美肌でいられます。また肌トラブルも起こりにくい状態になるのです。もちろん毛穴も目立ちにくい肌になってくれます。これは皮脂が多い肌タイプの方でも、少ない肌タイプの方でも同じです。むしろ皮脂が少ない肌タイプの方は水分に油分もプラスする必要があるので厄介かもしれませんね。

 

しかしもともと皮脂が多い肌タイプの方なら、うるおいを与える美容成分配合の美容液だけでもバランスがいい肌になれることが多いのです。皮脂が多い肌タイプの方なら、まず肌に古い皮脂を残さないことを心がけましょう。そのうえで保湿すればいいのです。

 

特に肌の表面だけではなく、深くまで水分を挟み込みながらゆきわたる性質を持っているセラミドは毛穴対策にも、皮脂と水分のバランス調整にも効果的。もともとの肌タイプを嫌うのではなく、上手につきあっていくことが、毛穴対策で結果を出す方法といえます。メリットを生かし、さらにデメリットをうまくカバーするスキンケアが毛穴の目立たない肌に整える近道です。

  • 2016/10/18 16:22:18