毛穴ケアのためのファンデーション選び

ファンデーションをうまく使えるだけで、その日のメイクは気分よく仕上がるという方も少なくありません。でも、毛穴をうまくカバーできるファンデーションが必要だと実感することも多くありますよね。そこで、毛穴ケアを考えてのファンデーション選びについても考えていきましょう。

 

 

パーフェクトに毛穴を隠すならスティックタイプがおすすめだけど

ファンデーションを使う理由は、肌のエラーを隠すためではないでしょうか。シミを隠す、あるいはちょっと気になる傷跡を隠したいという場合でも、ファンデーションは効果的なアイテムです。

 

では毛穴を隠したい場合

どんなファンデーションが効果を発揮するかといえば、スティックタイプが一番といえます。慣れるまで使い方は難しいかもしれませんが、肌へのフィット感とカバー力は信頼できます。また狙った部分をうまくカバーできるメリットも大きいのです。さらに崩れにくさも大きなメリットになるでしょう。

 

毛穴ケアを考えた場合

ケアという面では、あまり他のタイプのファンデーションとは差がありません。ファンデーションに美容成分をたっぷり配合しても、スキンケアの面でもきっちりと効果が発揮させるとは、いいにくいからです。配合してある美容成分が肌のクッション役をしてくれるため、刺激は減ってくれます。

 

しかし毛穴に働きかけるとすれば、ファンデーションで重要な役割になっている「色素」としての成分などが邪魔になるというわけです。

 

毛穴ケアとメイクは分けて考えて

毛穴ケアを考えてファンデーションを選ぶというよりも、毛穴をメイクでまず隠し、スキンケアで肌を回復させておく。と考えるほうが実は効果的。毛穴ケアをスキンケアでうまく行いつつ、メイクではまだ目立つ毛穴をカバーする、という方法です。

 

効率が悪いように感じるかもしれませんが、同時に行うと両立させる難しさを感じる羽目になります。強いて言えば、「ファンデーションは紫外線対策が行えるものを選ぶ」、という形がいいでしょう。紫外線もまた毛穴には大敵です。

 

メイク

ファンデーションだけでは毛穴をカバーしきれないように見えたら、メイク下地に頼ったり、コンシーラーを使ったりするようにします。また部分的にフェイスパウダーを使うことも、上手なメイクでも毛穴カバーの方法です。フェイスパウダーの質感で毛穴がうまく隠れます。

 

ベースメイクは、素肌がキレイなように仕上げる必要がありますからファンデーションだけで隠すのではなく、他のアイテムも活用しましょう。毛穴が目立つ部分には、専用のメイク下地がいいです。乾燥で毛穴が目立つ場合は、保湿効果もあるメイク下地がおすすめ。

 

ファンデーションでも毛穴がカバーしきれない場合は、コンシーラーを使うとかなり目立たなくできます。また、肌になめらかな質感を与えるフェイスパウダーを軽くのせることでも、目立っている毛穴をかなりカバーできます。まずはメイク下地を伸ばしてから、ファンデーションを使ってみましょう。

 

そこでコンシーラーも必要になるか、フェイスパウダーものせるべきかを判断。そうすると、厚化粧になることなく、目立つ毛穴をカバーできます。

 

 

 

毛穴ケアを本格的に行うのは、ファンデーションを落としてからにしましょう。きちんとクレンジングと洗顔でファンデーションを落としてから、毛穴ケアをスタートさせれば、美容成分がうまく働いてくれます。

 

毛穴カバーしたときの化粧直しも知っておこう

化粧したばかりのときは肌がキレイですが、悩みは化粧が落ちてきたときです。落ちない化粧はありません。だから化粧直しも必要になります。

 

化粧直しの際に、つい崩れてきた部分にファンデーションを使いたくなりますよね。またあぶら取り紙で余計な皮脂を押さえてから、という方も多いでしょう。実はこれはおすすめできません。

 

皮脂が浮いてきたなら、メイク用のスポンジのキレイな部分で押さえた方が、直したとき仕上がりがキレイです。毛穴が目立つ部分なら、なおさら。

 

ファンデーションを重ねるのではなく、フェイスパウダーを軽くのせる方が毛穴は目立ちにくくなります。毛穴をカバーするためにファンデーションで隠したくなりますが、化粧直しでも頼り切るのは得策ではないのです。化粧直しで毛穴をカバーさせたいなら、「コンシーラー」と「フェイスパウダー」で行いましょう。

 

きっちり隠したい部分はコンシーラーを軽く使い、その部分をうまくなじませるためにフェイスパウダーを重ねます。この化粧直しの方法なら厚化粧になりません。しかも目立つ毛穴をうまくカバーできますよ。