顔の毛穴はなぜ目立つの?

洗顔後に鏡を見ると毛穴が目立つ、ファンデーションを塗ると毛穴落ちするなど、毛穴の悩みはつきないものです。毛穴が目立った状態だと、いくら肌が白くてもしわがなくても美肌には見えません。毛穴が目立つ原因は、大きく分けると2つあります。

 

1つは、皮脂が過剰分泌されて毛穴が開きっぱなしになってしまうこと。もう1つは肌がたるんでしまい、毛穴が重力に耐えられず下に引っ張られることです。

 

小さい子供の肌には毛穴がまったく見当たりません。と言っても、毛穴がない訳ではありませんし、皮脂が分泌されていない訳でもありません。子供の肌の毛穴が目立たないのは、肌の奥の弾力成分がハリを与えていることと、十分な水分を蓄えてふっくらしているからです。毛穴が目立つということは、その真逆の状態になっているのです。

 

このように、顔の毛穴が目立つ原因を見ればなくす方法が簡単に分かりますね。その方法とは、水分をしっかり保持できる肌にすることです。肌には水分を保持するヒアルロン酸が存在していますが、この成分は加齢やダメージによって減少。ヒアルロン酸が減少すると、水分が不足して肌がすかすかになってしまいます。

 

また、保湿機能が低下してヒアルロン酸が十分に水分を蓄えられないと、コラーゲンやエラスチンのハリがなくなり肌がしぼみます。肌に十分な水分を蓄えてハリや弾力を取り戻すには、保湿がキーポイントになるので、スキンケアでしっかり保湿をすることが毛穴レスな肌になる一番の方法です。