顔や頬の毛穴の開き、その原因は?

誰もが気になる顔や頬の毛穴の開きは、皮脂の過剰分泌とたるみが主な原因になります。
皮脂というのは、肌のバリア機能である皮脂膜を形成するのに欠かせません。
皮脂の油分と汗が混ざり合ってできる皮脂膜は、天然の保湿クリームとも言われていて、肌を外部の刺激から守ったり、内部の潤いを逃がさないように働きます。
ただ、この皮脂が過剰に分泌されてしまうと、毛穴からの排出が追いつかなくなってしまい、結果的にどんどん毛穴に詰まり、毛穴を押し広げてしまうのです。

 

そして、毛穴というのは、皮膚に弾力があるからこそ形を保つことができます。
皮膚の弾力は、真皮層に存在しているコラーゲンやエラスチンなどの弾力成分、保水保持機能を持つヒアルロン酸などによって保たれています。
ですが、これらの成分は加齢や肌のダメージによって減少していきます。
皮膚に弾力がなくなってたるんでしまうと、毛穴も一緒に下に引っ張られてしまうため、特に頬などは涙のようなたるみ毛穴になってしまいます。

 

また、皮脂の過剰分泌やたるみを引き起こす要因となることも、毛穴の開きの原因と言えるでしょう。
このような状態を引き起こすのは、肌の乾燥、紫外線、睡眠不足、ストレスなどが挙げられます。
つまり毎日の生活の中には、毛穴を開かせてしまう原因がたくさん潜んでいるのですね。
ですので、毛穴の開きを改善するには、しっかりとスキンケアを行うと同時に生活習慣を見直したり、ストレスを溜めないようにすることも大事になるのです。

 

顔の毛穴解消なら、この化粧水

All About ベストコスメ大賞2014、アンチエイジング部門 大賞を受賞した
コーセー「米肌」

 

ホームページはこちら↓↓↓↓


 

開き毛穴、でこぼこ、黒ずみ…。毛穴の悩みは、年齢による潤い不足が原因!

 

コーセー「米肌」トライアル

 

 

 

 

クレンジングや洗顔を見直す

クレンジングや洗顔は、スキンケアの土台を作る重要な行程になるのですが、やり方を間違えると乾燥やたるみを引き起こしてしまいます。
当たり前のように行っているクレンジングや洗顔は、間違ったやり方を続けてしまうと毛穴の開きの元になってしまうので、今一度見直してみてみましょう。

 

最初に見直したいのは、ごしごしこすったり、洗いすぎたりしていないかということ。
最近は、顔をこすってはいけない、ということはかなり浸透していますが、それでも人によって「こすらない」の程度が違うものです。
優しく洗っているつもりでも、泡だて方が少なくて指で摩擦を加えていることもあります。
メイクが残らないように無意識にこすってしまい、そのせいで肌が乾燥して皮脂の過剰分泌を引き起こします。

 

見直すポイントは、弾力のある泡で指が直接触れないようにしているか、クレンジングはたっぷりと使っているかということです。
もし泡だてをサボっていたり、クレンジングをケチっていたりするなど心当たりがあれば、すぐに改善してください。

 

また、きちんとダブル洗顔をしているか、も見直しましょう。
クレンジングの情報の中には、ダブル洗顔は必要ない、なんてものもありますが、ダブル洗顔をしないとクレンジング剤が肌に残ってしまい毛穴の詰まりの原因になります。
もちろんメイクの濃さによりますし、クレンジングの種類によってダブル洗顔が必要ない場合もあります。
もし肌に滑りや油分を感じるようでしたら、ダブル洗顔をしてしっかり汚れを落とすようにしましょう。

 

毛穴を消すために保湿を見直す

保湿は美肌には欠かせないことですし、ほとんどの肌トラブルは保湿力が不足することで起こります。
これは美容では定説となっていることなので、知っているという方は多いと思いますが、意外に正しい保湿できていない人が多いのです。

 

保湿とは、読んで字のごとく「湿度を保つ」ということ。
つまり、肌が水分を蓄えることができるようにするのが保湿。
水分保持機能を高めたり、保湿成分を補ってあげるスキンケアをするのは大切なことです。

 

ただしスキンケアによって成分が浸透するのは、厚さ0.2mmの角質層までで、その奥まですべての成分を浸透させることはできません。
ですので、角質層に与えた保湿成分が水分と一緒に蒸発しないように、さらに守ってあげる必要があります。
その働きをしてくれるのが乳液やクリームなど、油分の配合された基礎化粧品です。

 

ですが、顔や頬に毛穴の開きがあると、油分が浮いてべたついてしまうため、乳液やクリームをつけない人が多いのですね。
そのため、せっかく化粧水や美容液でケアしてうるおいを与えてあげているのに、開いた毛穴から成分が逃げてしまい、保湿が出来る肌を作ることができなくなってしまいます。
肌のうるおいがなくなると、皮脂の分泌が盛んになるので、結果的に毛穴の開きが改善されないのです。

 

乳液やクリームは引き締めるイメージがないかもしれません。
でも、うるおいを閉じ込めて保湿をする効果がありますから、肌の引き締めには欠かせないのです。
ですので、毛穴の開きを改善したい方は、化粧水や美容液の保湿成分をチェックするのも大事ですが、乳液など油分でうるおいを逃がさないようにしているかも見直してみてください。