顔の毛穴をなくす方法

顔の毛穴をなくすためには、開いた毛穴を引き締めて、毛穴を閉める必要があります。
でも、そもそもなぜ毛穴は開くのか?

 

毛穴は「皮脂の過剰分泌」と「肌のたるみ」が原因で開きます。
その「皮脂の過剰分泌」と「肌のたるみ」の元となるのが、加齢によるうるおい不足、つまり肌の乾燥です。
乾燥は年齢を重ねるごとに肌のセラミドの減少で、ますます毛穴を目立させていきます。

 

そこで、顔の毛穴をなくすために、おすすめの化粧水・美容液をご紹介します。

 

コーセー「米肌」

MAQUIA 美のプロ50人が選ぶコスパ・コスメグランプリ2015 第1位受賞。
@cosmeベストコスメアワード2015 受賞。
美的 2015 上半期ベストコスメ受賞と、数々の賞を受賞しています。

 

おすすめの理由は、角質の細胞と細胞の間でスポンジのようにしっかり水分を抱え込む保湿成分「セラミド」を作り出し、「水分保持機能を改善」する唯一の成分であるライスパワーNo.11を使っているからです。

 


 

今なら、「肌潤石鹸」「肌潤化粧水」「肌潤改善エッセンス」「肌潤クリーム」、そして非売品の肌潤化粧水マスクがついた豪華トライアルセットが、送料無料で1500円で試せます。

 

 

毛穴がさらに開く夏を前に、とりあえず試してみませんか?ただし、通販限定です。
コーセー「米肌」のホームページはこちら

 

 

 

 

 

コーセー「米肌」トライアル

 

 

 

ビーグレン

ビーグレンをご存知ない方もいるかもしれませんが、口コミで評判のスキンケアブランドです。
雑誌「GLITTER」2017年5月号で、「毛穴撲滅に欠かせない殿堂6ブランド」にも選ばれています。

 

 

毛穴の黒ずみ・目立ちにお悩みの方におすすめです。
マイナスイオンの泥洗顔で、毛穴をキレイにしてくれ、ビタミンCで開いた毛穴をキュッと引き締めてくれます。

 

 

 

 

今なら、「吸着による肌にやさしい洗顔料」「高保湿化粧水」「高濃度ビタミンC美容液」「長時間うるおいが続く保湿ゲル」がセットになった毛穴ケアトライアルが56%オフの、1800円(税別・送料無料)で試せます。
365日の返品保証付きです。

 

毛穴の黒ずみ・目立ちでお悩みの方は一度試してみては?
ホームページはこちらです。

 

 

 

 

 

 

 

草花木果

毛穴といえば「草花木果」といわれるぐらい有名な毛穴ケアです。

 

草花木果は、毛穴の目立ちの原因になる古い角質に着目。
加齢や乾燥などで、厚くたまった古い不要な角質を取り去ることを目指し、肌の角質クリア機能をサポートするアミノ酸「アミノTG」と「SB-P発酵素」で毛穴にアプローチします。

 

 

 

 

 

顔や頬の毛穴の開き、その原因は?

誰もが気になる顔や頬の毛穴の開きは、「皮脂の過剰分泌」と「たるみ」が主な原因です。

 

 

皮脂の過剰分泌

皮脂は、肌のバリア機能である皮脂膜を形成するのに欠かせません。皮脂の油分と汗が混ざり合ってできる皮脂膜は、天然の保湿クリームとも言われ、肌を外部の刺激から守ったり、内部の潤いを逃がさないように働きます。

 

ただ、この皮脂が過剰に分泌されてしまうと、毛穴からの排出が追いつかなくなってしまい、結果的にどんどん毛穴に詰まり、毛穴を押し広げてしまうのです。

 

肌のたるみ

毛穴は、皮膚に弾力があるからこそ形を保つことができます。皮膚の弾力は、真皮層に存在しているコラーゲンやエラスチンなどの弾力成分や、保水保持機能を持つヒアルロン酸などによって保たれているのです。

 

 

でも、これらの成分は加齢や肌のダメージによって減少。弾力はなくなってきます。皮膚に弾力がなくなって、皮膚がたるんでしまうと、毛穴も一緒に下に引っ張られてしまうため、特に頬などは「涙のようなたるみ毛穴」になってしまいます。

 

皮脂の過剰分泌とたるみの要因

毛穴の開きの原因と言える皮脂の過剰分泌や、たるみを引き起こすのは、「肌の乾燥」「紫外線」「睡眠不足」「ストレス」などが挙げられます。

 

つまり毎日の生活の中には、毛穴を開かせてしまう原因がたくさん潜んでいるということなのです。だから、毛穴の開きを改善するには、しっかりとスキンケアと同時に生活習慣を見直したり、ストレスを溜めないようにすることも大事になってきます。

 

肌の乾燥からの毛穴を消すために保湿を見直す

保湿は美肌には欠かせません。ほとんどの肌トラブルは保湿力が不足することで起こります。毛穴の開きもそう。これは美容では定説ですが、意外に正しい保湿できていない方が多いです。

 

 

保湿とは

保湿とは、読んで字のごとく「湿度を保つ」こと。つまり、肌が水分を蓄えられるようにするのが保湿です。水分保持機能を高めたり、保湿成分を補ってあげるスキンケアが大切になります。

 

浸透するのは角質層まで

ただし、スキンケアによって成分が浸透するのは厚さ0.2mmの角質層まで。その奥まで、すべての成分を浸透させることはできません。なので、角質層に与えた保湿成分が水分と一緒に蒸発しないように、さらに守ってあげる必要があります。その働きをしてくれるのが乳液やクリームなど、油分の配合された基礎化粧品です。

 

 

乳液やクリーム

でも、顔や頬に毛穴の開きがあると、油分が浮いてべたついてしまうため、乳液やクリームをつけない人がたくさんいます。そのため、せっかく化粧水や美容液でケアしてうるおいを与えてあげているのに、開いた毛穴から成分が逃げてしまい、保湿できる肌を作れません。

 

肌にうるおいがなくなると、皮脂の分泌が盛んになるので、結果的に毛穴の開きが改善されないのです

 

乳液やクリームは引き締めるイメージがないかもしれませんが、うるおいを閉じ込めて保湿をする効果があります。肌の引き締めには欠かせないのです。毛穴の開きを改善したい方は、化粧水や美容液の保湿成分をチェックするのも大事ですが、乳液など油分でうるおいを逃がさないようにしているかも見直してみてください。

 

クレンジングや洗顔を見直す

クレンジングや洗顔は、スキンケアの土台を作る重要な行程です。
やり方を間違えると、乾燥やたるみを引き起こしてしまいます。
当たり前のように行っているクレンジングや洗顔は、間違ったやり方を続けてしまうと毛穴の開きの元。
毛穴をなくすためにも、今一度見直してみてみましょう。

 

見直したいこと

ごしごしこすったり、洗いすぎたりしていないかということです。
最近は、「顔をこすってはいけない」ということがかなり浸透しています。
それでも人によって「こすらない」の程度はいろいろ。

 

優しく洗っているつもりでも、泡だて方が少なくて指で摩擦を加えていることもあります。
メイクが残らないようにと無意識にこすってしまい、そのせいで肌が乾燥。
結果、皮脂の過剰分泌を引き起こします。

 

見直すポイント

弾力のある泡で指が直接触れないようにして、クレンジングはたっぷりと使っているかということです。
もし泡だてをサボっていたり、クレンジングをケチっていたりするなどに心当たりがあれば、すぐに改善してください。

 

ダブル洗顔

きちんとダブル洗顔をしているか、も見直しましょう。
クレンジングの情報の中には、「ダブル洗顔は必要ない」、なんてものもありますが、ダブル洗顔をしないとクレンジング剤が肌に残ってしまい毛穴の詰まりの原因になります。
もちろんメイクの濃さによりますし、クレンジングの種類によってダブル洗顔が必要ない場合もあります。

 

もし肌に滑りや油分を感じるようでしたら、ダブル洗顔をしてしっかり汚れを落とすようにしましょう。

角栓対策のポイント

発見するとすぐ引き抜きたくなるものが角栓ですよね。
確かに肌に負担をかけず角栓を引き抜ければ、毛名がなくなるような気がして、毛穴の悩みは解決します。
しかし角栓ができないようにお手入れすれば、このような悩みを抱えずに済むのです。

 

 

スキンケアの中にも角栓対策を行う方法があります。
本日からでも組み込んでいきましょう。

 

角栓対策の極意は汚れを溜め込まない

角栓は単なる皮脂の塊ではありません。
はがれ落ちてきた古い角質も混ざっています。
この塊には汚れも含まれるので、角栓は肌トラブルの原因を作りやすいという危険をはらんでいます。
見た目の悪さだけが問題ではないのです。

 

しかしスキンケアに角栓対策を加えておけば、予防もできます。
つまり、角栓を作らせないお手入れをしておけば、慌てて引き抜こうとしないで済むというわけ。

 

 

角栓対策のポイント

汚れを溜め込まないこと。
また汚れだけではなく、肌に不要なものも溜めこまないことも大きなポイントです。
クレンジングと洗顔を丁寧にしておくと、かなり角栓を防ぐことができます。

 

毛穴回りから肌に余計なものと、汚れを残さないように注意したスキンケアで、角栓予防は可能になるのです。
毎日のクレンジングや洗顔をしっかりしておくことも、実は立派な角栓対策。
角栓ができやすい方は、週1回のペースで古い角質を落とすディープクレンジングがおすすめです。

 

角栓をさらにできにくくさせるお手入れ

毛穴から角栓を引き抜くと、ぽっかりと空いたままになることが気になる方も多いと思います。
また丁寧なクレンジングと洗顔である程度、角栓予防は可能ですが、それだけでは角栓のできにくい肌になりません。
角栓予防には、できにくい肌へと育てていくことも重要なのです。

 

ですから開きっぱなしの毛穴をそのままにせず、肌のハリを回復させて、少しでも元の大きさに戻すお手入れを行います。
清潔なお肌を保湿することは、広がった毛穴を狭くさせるために効果的です。
保湿だけではなく、肌のハリを回復させる効果の高いビタミンC誘導体配合の化粧品を使うことをおすすめします。

 

ビタミンCは、肌内部でハリを支えるコラーゲンを生成させる働きがあり、ハリをアップさせるには効果的です。
毛穴回りの肌にハリを与えれば、毛穴もなくなり角栓のできにくい肌に育っていきます。

 

開いている毛穴をそのままにしないで、小さくさせるお手入れも角栓予防には必要なのです。
汚れや不要なものを肌から取り去ってから、肌を回復させるために必要なものを与える。
そうすれば、角栓はできにくくなります。

 

毛穴をなくす化粧方法

今、目立っている毛穴をスキンケアで変えていくまでには時間がかかります。
なので、毛穴が目立たなくなるまでは、化粧で隠すことが課題です。
毛穴をなくす化粧方法とは。

 

すぐにでも毛穴を目立たなくさせたい方は、とにかく化粧でカバーしましょう。
上手に毛穴をカバーする化粧方法をご紹介します。

 

ファンデーションだけに頼らない

理想を言えば、ファンデーションだけで目立つ毛穴をカバーすることです。
ただ、ファンデーションに頼り切って毛穴を隠すと、厚化粧になりやすく、しかも隠そうとした毛穴が余計目立ってしまう危険があります。
毛穴を目立たなくさせる化粧では意味がありませんよね。

 

ベースメイクは、素肌がキレイなように仕上げる必要があります。
ですからファンデーションだけで隠すのではなく、他のアイテムも活用しましょう。
毛穴が目立つ部分には、専用のメイク下地がいいです。
乾燥で毛穴が目立つ場合は、保湿効果もあるメイク下地がおすすめ。

 

ファンデーションでも毛穴がカバーしきれない場合は、コンシーラーを使うとかなり目立たなくできます。
また、肌になめらかな質感を与えるフェイスパウダーを軽くのせることでも、目立っている毛穴をかなりカバーできます。
まずはメイク下地を伸ばしてから、ファンデーションを使ってみましょう。

 

 

そこでコンシーラーも必要になるか、フェイスパウダーものせるべきかを判断。
そうすると、厚化粧になることなく、目立つ毛穴をカバーできます。

 

毛穴カバーしたときの化粧直しも知っておこう

化粧したばかりのときは肌がキレイですが、悩みは化粧が落ちてきたときです。
落ちない化粧はありません。
だから化粧直しも必要になります。

 

化粧直しの際に、つい崩れてきた部分にファンデーションを使いたくなりますよね。
またあぶら取り紙で余計な皮脂を押さえてから、という方も多いでしょう。
実はこれはおすすめできません。

 

皮脂が浮いてきたなら、メイク用のスポンジのキレイな部分で押さえた方が、直したとき、仕上がりがキレイです。
毛穴が目立つ部分なら、なおさら。

 

ファンデーションを重ねるのではなく、フェイスパウダーを軽くのせる方が毛穴は目立ちにくくなります。
毛穴をカバーするためにファンデーションで隠したくなりますが、化粧直しでも頼り切るのは得策ではないのです。
化粧直しで毛穴をカバーさせたいなら、「コンシーラー」と「フェイスパウダー」で行いましょう。

 

きっちり隠したい部分はコンシーラーを軽く使い、その部分をうまくなじませるためにフェイスパウダーを重ねます。
この化粧直しの方法なら厚化粧になりません。
しかも目立つ毛穴をうまくカバーできますよ。

 

入浴中の毛穴ケア

「毎日のお風呂がリラックスタイム」という方は多くいますよね。
上手に使えば、お風呂は心身のケアに効果的です。

 

また毛穴ケアの面でもお風呂の時間は最適。
上手に使いたいです。
ゆったりと何もしない時間を楽しむのもいいのですが、毛穴ケアのために少し時間を割きませんか?

 

お風呂の湯気と温かさは毛穴ケアの味方

忙しくてシャワーだけで済ませる日でも、お風呂は気分がゆったりできる場所ですよね。
温かさや心地よい湯気は心も体もほどいてくれます。
バスタブのお湯にのんびりとできる時間の余裕があれば、さらに心身のケアがなされていると感じられるでしょう。

 

入浴中は毛穴ケアにも最適な時間です。
お風呂の湯気と温かさは、毛穴汚れを落としやすくさせます。
お肌のキメに入り込んでいる毛穴汚れや、角栓予備軍を落とす効果も期待できます。

 

自宅のお風呂はデイリーな毛穴ケアを実現させてくれる時間です。
湿度と温度。
肌が温まり、湯気が継続して当たっているこの環境は、肌にも好ましく、毛穴ケアを行うタイミングとしても最適なのです。

 

クレンジングしてから、洗顔の流れに、じっくりと美容成分を送り込むパックも。
これが自宅の入浴で行える毛穴ケアで、美肌ケアなのです。
お風呂で行いたいことを済ませてから、洗い流すタイプのパックを使い、バスタブでのんびり過ごす。
これだけで、毛穴ケアの効果を実感できます。

 

 

お風呂での毛穴ケアは上がるときも工夫してみよう

お風呂の時間を、セルフエステの時間と考えている女性も多くいます。
中には、この日はひざなど古い角質で硬くなりやすいパーツのお手入れ。
この日はボディパック、という形でスケジュールを組んでいる方もいます。

 

今日は毛穴ケアでも、ディープクレンジングに時間を割く。
という形でスケジュールを組むこともいい方法です。
入浴中に「洗い流すパックを行う日」があれば、「普段のクレンジングと洗顔では落としにくい部分の毛穴をキレイにする日」もある、という形を取ってみましょう。

 

このやり方なら、お風呂で心身をリラックスさせる時間も確保できます。
お風呂で毛穴ケアのフルコースすべてを毎回行うのではなく、ピックアップして行うという方法なら面倒になりません。

 

ただ1つだけ同じように行うべきことがあります。
それはお風呂から上がるときの工夫です。

 

毛穴ケアを行った部分を水ですすいで、軽く冷やすこと。
寒い時期はつらいかもしれませんが、お風呂からあがってからのスキンケアの反応が良くなります。
毛穴も水で最後にすすいで冷やすと、リセットされるように開き方も元に戻るのです。
お風呂上がりに加えておきたい習慣です。

 

 

体の内側から改善するならコラーゲンドリンクがおすすめ。
参考サイト、コラーゲンドリンクランキング
http://www.collagen-navi.com/

間違った毛穴ケア方法とは?

毛穴ケアで守らなければならないのは、お肌にダメージを与えないこと。
今、広まっている、あるいは今まで効果を実感してきた方法には、お肌のダメージを与える方法も少なくありません。
間違った毛穴ケアは、お肌にダメージを与えてしまいます。
悪化させないためにも、正しい方法を実行しましょう。

 

肌は思っているよりも薄いことを自覚しよう

「ニキビができやすい」「毛穴に問題が・・・」という悩みを抱える方は多くいらっしゃいますよね。
毛穴ケアは正しく行えば、ニキビ予防や、毛穴の悩みで肌に自信が持てないということも避けられます。
しかし正しい方法で行えば、の話です。

 

間違った毛穴ケアは、そのときは効果を実感できます。
でも長い目で見ると、毛穴の問題を悪化させることもあります。
毛穴の問題を悪化させれば、ニキビができやすいだけではなく、治りにくい肌にしてしまう危険もあるのです。

 

たとえば毛穴汚れや角栓を落とすために、強引に絞り出すのは肌へのダメージが大きいことはご存知ですよね。
つけ加えるなら、頑固にこびりついている角栓をコメドプッシャーで無理に押し出すこと。
毛穴ケアを正しく行うためには、「お肌にダメージを与えないこと」を守る必要があります。

 

一気にキレイにしたいのは誰もが同じです。
でも思っているより肌は薄く、強引な力で毛穴ケアをしたら、それだけ悪化させてしまいます。
ブラシ洗顔が無意識に肌に傷をつけることと変わりません。

 

肌のダメージが大きければ毛穴は悪化する

肌が健康な状態であれば、多少のダメージがあっても、回復するまでの期間は短く済みます。
健康な肌を維持させるために、スキンケアを行っているわけです。

 

しかしダメージを与えられ続ければ、肌の回復はそれだけ遅れてしまいます。
するとダメージが蓄積。
コンディションが思わしくないままの肌になってしまうのです。

 

毛穴も同じです。
毛穴回りのお肌が健康であれば、キレイな状態なので、回復が早くなり、毛穴の気にならない肌になっていきます。
ダメージがなければ、しぼんでいても、開いていても、肌のハリで毛穴がふっくらと目立たなくなるのです。

 

 

でも強引な毛穴ケアはダメージを肌に蓄積させます。
これでは肌の回復は望めません。
悪化がひどい場合は、毛穴が炎症で目立つようになってしまいます。
またニキビも治りにくく、できやすい状態になるのです。

 

毛穴ケアを間違わないことも、すべすべの肌を育てていくためには忘れてはいけないポイント。
肌へのダメージを避ける工夫をした毛穴ケアを選びましょう。

 

紫外線対策のコツ

美白のために1年を通して、紫外線対策を行う方が増えています。
紫外線対策を行っておけば、肌の老化のスピードも緩めることが可能です。

 

実は毛穴ケアのためにも、紫外線対策の手抜きはできません。
紫外線から肌を守ることは、毛穴の悩みを解消していく方法にもなるのです。
それでは紫外線対策のコツもご紹介しましょう。

 

 

少しずつ肌へのダメージを蓄積させる紫外線

太陽の光から受ける恩恵は数知れませんが、その中に含まれている紫外線は、肌にはありがたくない結果を生み出すもの。
紫外線を浴びて起こる日焼けは過度になれば、ヤケドと同じ状態。
肌のダメージは甚大です。

 

日焼けが落ち着いてからでも、シミの原因になってしまいます。
慢性的に日焼けをしていると、それだけ皮膚がんのリスクも高くなるという問題も深刻です。
肌内部に紫外線が入り込んでしまうと、ハリを支えているコラーゲン組織がズタズタになり、ハリを失ってシワを刻んでしまいます。
いわゆる光老化も紫外線が起こす肌の問題です。

 

毛穴ケアから紫外線を見ていきますと、「シミ」と「ハリを失う」という2つの問題が直撃。
非常に厄介な問題を引き起こします。
丁寧に毛穴ケアをしていても、紫外線に無防備なままではトラブルを抱えてしまうのです。

 

毛穴内部に紫外線が入り込んでしまうと、肌のハリが失われてくぼんだように開いてしまいます。
シミになってしまえば、毛穴が目立っていくようになるのです。
すると毛穴ケアを継続させていても、なかなか結果が出せません。

 

紫外線対策のコツはさほど難しくはない

現在は紫外線から肌を守るUVカット剤の使い心地が良くなりました。
塗った仕上がりもかなり自然です。
違和感がありません。
むしろ素肌のままより、美肌に見えるメリットもあるのです。

 

ファンデーションなどのベースメイクにも、紫外線をカットする機能が加えられています。
今は肌の悩みや毛穴目立ちをカバーするだけのものではありません。
UVカット剤やファンデーションなどのベースメイクを活用すれば、紫外線から肌を守れるのです。

 

化粧をしない日でもUVカット剤は、使う必要があります。
朝のスキンケアの仕上げに塗っておけば、それでOK。
とはいえ肌に塗ったものは崩れるので、こまめに塗り直すことが紫外線対策では大切です。

 

紫外線から肌を守ることは、毛穴も守ることになります。
複合的な毛穴トラブルを抱えないためにも、紫外線対策は1年を通して行うべきでしょう。
化粧することは嫌でも、毛穴レスな美肌を守りたいなら、なおさらです。
UVカット剤をこまめに塗り直す習慣は、毛穴ケアの努力を無駄にしない。
そうお考えください。

 

ストレス解消で毛穴ケア

現代人の大きな問題で、課題になっているのはストレス解消です。
ストレスが過剰になれば心身の健康問題になってしまいます。
また肌へのダメージも深刻です。
ストレス解消は毛穴ケアには欠かすことができません。
毎日のストレス解消も毛穴ケアの1つと捉えていくことも、美肌への近道です。

 

ストレス過剰になると毛穴が開く?

女性が毛穴の悩みを深刻にとらえだした時期と、仕事で責任あるポジションに付く時期は、けっこう重なっています。
単に美肌作りに関心が高い女性が増えただけではないのです。

 

しかし、男性は毛穴トラブルが深刻になることは少ないのはなぜでしょう?
それは毛穴の中にある皮脂腺の太さの差にあります。
男性は皮脂腺が太く、毛穴から過剰に皮脂が出ても詰まりにくく、毛穴トラブルが深刻になりにくいのです。

 

女性は皮脂腺が細く、過剰に皮脂が出ると詰まってしまいがち。
毛穴トラブルが深刻になりやすい状況があります。

 

毛穴トラブルを起こしやすい皮脂は、なくては困るもの。
でも、過剰になればトラブルを起こす要因になるものです。
ストレスが過剰になると、皮脂は過剰に出ていく性質があります。
つまりストレス過多も、毛穴開きを起こす要因になるです。

 

 

「心身に問題が起こる前に肌がサインを出している」と捉えると、ストレス解消の重要性が分かります。
毛穴ケアの一環として、ストレス解消を行うことも美肌のための課題です。

 

上手にストレス解消を行うために

生きていればストレスと無縁ではいられません。
毎日受けているストレスは、その日のうちに解消することが理想的です。
ストレスを蓄積させないことが、毛穴ケアのためにも重要になります。

 

体に負担をかけず、精神的にも追い詰めない形で、受けたストレスを解消することが好ましいのです。
ストレス解消にいいはずのことが、逆にストレスになることも、これなら避けられます。

 

体を動かすことが好きなら、それは正しいストレス解消方法です。
好きな音楽を楽しむことも、ストレス解消方法。
何もしない時間を贅沢に過ごすことも立派なストレス解消方法なのです。

 

1日の中で自分が楽しめる時間を作ることが、効果的なストレス解消方法となります。
毛穴ケアのためのスキンケアをストレスにしてはいけません。
毛穴の問題ばかりを注目するのではなく、いい結果が出た部分を自分で褒めることがおすすめです。

 

自分を追い込まないスキンケアは、毛穴ケアに効果を発揮します。
好きな香りや使い心地の化粧品は、ストレス解消をサポートしてくれるでしょう。
楽しむことを重視して、ストレスを切り抜けていくことが大切です。

 

皮膚科が行っている毛穴ケア

自分でのお手入れだけで毛穴の悩みを改善させられないとき、頼りにできるのは皮膚科です。
肌の問題は、皮膚科での治療に任せるほうが効率はいいですし、納得できる結果を出してくれます。
毛穴ケアに関しても、皮膚の専門家である皮膚科なら悩みをクリアしてくれるはず。
では皮膚科ではどんな治療を行うのでしょうか。

 

医療的な毛穴ケアができるのが皮膚科

歯の問題が起こったら、歯科に行って治療を受けますよね。
肌の悩みも皮膚科での治療で改善させる方が近道です。
毛穴ケアも変わりはありません。

 

自分で行う毛穴ケアでは満足できる結果が出ないとき、皮膚科で相談することもひとつの方法です。
では、皮膚科ではどのような毛穴ケアをするのでしょうか?

 

毛穴トラブルの種類で対応が変わります。
基本は、毛穴の汚れを取り、毛穴内部の肌の問題をなくし、目立たないようにしていきます。

 

ピーリングも単に毛穴内部の汚れを取って、古い角質をはがすだけではありません。
同時に肌の再生を促すための方法を取るのです。

 

時間をかけて毛穴を目立たなくさせるなら、レーザー治療で、うまく肌を回復させながら、トラブルや問題をクリアさせます。
さらに毛穴の目立ちやすい肌を立て直すために、イオン導入で肌の奥から整える治療も行えます。

 

毛穴の悩みがあって、トラブルが悪化した形でニキビに悩まされている場合は、ニキビ治療が優先されます。
総合的な毛穴ケアを行い、しかもその後の肌や毛穴を改善させられるのが皮膚科です。

 

基本は肌の治療だから効果に満足できる

毛穴ケアといっても、肌の問題であることに変わりはありません。
毛穴に悩みを抱えていたら、それを治療。
そうすれば、いたずらに悩み続けることにもならずに済むのです。

 

ニキビができやすい肌をできにくくすることが可能なのも皮膚科です。
目立つ毛穴を改善させていけるのも皮膚科といえます。

 

ピーリングも、レーザー治療も、イオン導入も、毛穴を目立たなくさせる効果を発揮できるもの。
ピーリングなら、毛穴の悩みが改善される効果を実感できます。
レーザー治療なら、毛穴が目立たなくなる効果が。
イオン導入だと、毛穴に悩まない肌に変わる効果を得られます。

 

もし、自分で行う毛穴ケアでは効果が出ない、とお悩みなら一度皮膚科で相談してみては?
ただ「毛穴を治したい」、というのではなく、「毛穴でどういう悩みを抱えているか」を説明すれば、適切な治療方法の提案がなされるでしょう。
自分の肌と毛穴に満足するために、皮膚科はかなり効果が期待できる選択肢です。